top of page

アクセスX-MEN 未知の可能性 10月13日開催


決めつけのレッテル貼りから。もうそろそろ解放されませんか?


こんにちは、アクセスX-MEN認定ファシリテーターの細谷和博です。

7月9日に大動脈瘤剥離で緊急手術&入院。しばらくこの世界を離れて別の世界をさ迷っていました。

そしてようやく一度亡くなってからこの世界に再び戻ってくることができました。


そこからボクは『すべては選択』なのだということに気が付きました。

この体験を踏まえて、アクセスX-MENについて2日間にかけてファシリテートして参ります。


ボクも子どものころから親や教師から、ずっと『神経質だ』とか『落ち着きのない人間だ』とか言われ続けていました。


でももしそれがが障害ではなく、能力だとしたらどうでしょうか?

ギャリーは、それらの人々を高い能力を持った存在として『X-MEN』を呼びます。


・HSP(光・音・匂い、または対人関係において非常に敏感な性質を持つ人々)

・OCD(強迫性障害)、

・自閉症、ADD(注意欠陥障害)、

・ADHD(注意欠陥多動性障害) 、


ヒューマンやテッキーと言われる人々が理解できないだけなのに、それに『障害』というレッテルを貼っているだけだったとしたら?

そして、その興味深いポイント・オブ・ビュー(ものの見方)を手放して、

もう自分自身のことも、お子さんや家族のことも、もうなにもジャッジしなくても良いとしたら、

どんな未知の可能性が開くでしょうか?


ボクといっしょに可能性に満ちた未知の扉をひらきませんか?



【開催日時】

10月13日(木)、14日(金)20:00〜22:30


【開催方法】オンライン


【受講料】 65,000円


【受講条件】 アクセスバーズ1日クラス受講済み


お申込みフォーム

https://ws.formzu.net/dist/S21384651/


『X-MEN未知の可能性』は通常1日で開催するのですが、

今回は、2日間に分けて開催致します。